歯科の医療費控除

歯科の医療費控除について

歯科診療の医療費控除

虫歯や歯周病など歯科における診療は、他の内科や外科なども含めて年間、10万円以上かかった場合は医療費控除の対象になります。その場合、ホワイトニングなど審美性の高いものは対象外となりますが、治療する過程で必要だと認められればオールセラミックでも、近年人気のあるインプラントでも還付対象となります。矯正に関しては、噛み合わせによる矯正は対象になりますが、審美性の高いものは認められないケースもあります。生計を共にする家族全員の合計をたすことができ、歯科診療のみならず領収書は必ず添付しなければなりませんが、公共機関の交通費も書き出せば含まれます。

窓口支払いと医療費の関係

医療費の明細書は原則、無料発行義務化されています。窓口での発行を希望しない患者さんや、自己負担額のない患者さんは対象外です。生活保護を受けていて歯科医医院の窓口で請求がない方や、市町村で医療費助成を行っており、窓口での請求がない小児の患者さんなどがこれに当てはまります。これには、自己負担のない患者さんに受診した歯科医院での治療費がどの程度なのか知ってもらう目的が一つ目、ありもう一つは、不正請求をチェックするという目的があります。さまざまな目的からこのような規定があります。患者さん一人一人が知る権利を守られているとも言えます。

↑PAGE TOP