歯周病から守る方法

歯周病になったら治療へ

お年寄りが気をつけたい歯周病

年齢を重ねると、個人差はありますが、大半の人が歯周病を患います。これは、歯周ポケットに口の中にいる細菌が繁殖してしまい、歯茎に炎症を起こしてしまうためです。若い人も同じなのですが、免疫が活発であるため、炎症は歯茎にとどまり、ひどくなることは少ないのですが、お年寄りの場合、深い部分の骨など歯を支える組織にまで広がってしまい、歯がぐらつき、歯の根元が見えるまで悪化しやすくなります。歯周病はどんな人でもかかりうるということを忘れずに日ごろから注意する必要があるのです。

↑PAGE TOP