歯科の医療費返金

歯科の医療費返金について

歯科などで払った医療費を返金

歯科などで高額な医療費を支払った場合は、お金が返金される可能性があります。公的保険である健康保険のの高額療養費制度を利用するのです。高額療養費では、1ヶ月の間にかかった医療費の自己負担額が、ある一定金額を超えた場合に、その超えた分の金額を後から払い戻してくれる制度です。ちなみに自己負担額は世帯で合算することが可能です。世帯全員の医療で払ったお金を合計して計算することができるということです。この制度は貧乏人にとってはとてもありがたい制度ですから、要件に当てはまる場合はどんどん活用しましょう。ちなみに歯科でインプラント治療するなど保険適用のない治療は対象外です。

医療費控除の基準の内容

通常の内科的な治療などと同様に歯科の治療費も医療費の控除ができます。保険診療だけではそこまでの金額になりにくいのですが、自費の治療を受けると控除の対象となる金額になります。クリニックで支払ったもの何もかもが認められる訳ではないのですが、金やセラミックなどは一般的なものなのとして認められます。認められないものは一般水準を著しく超える特殊なものと定義されています。たとえば、金歯にダイヤモンドを埋め込んで装飾するなど一般的にはやらないものがこれに当たります。歯科医院で通常勧められるものでしたら医療費控除の対象なります。詳しくはクリニックの窓口で教えてもらえます。

↑PAGE TOP