歯科治療費の分割払い

歯科治療費の分割払いについて

歯科における医療費の分割払い

近年の歯科治療においては、矯正治療を代表として開始時から期間・費用が纏まって掛かる事が想定されている内容が増えつつあります。こういった治療の場合、医療費を分割で支払う事が可能なケースが増えています。その際の支払い方法として、歯科独自の方法としてデンタルローンと呼ばれるものがあります。このローンは予め医院向けの設定とされており、医院と信販会社が提携する形式で提供されています。その為、審査を含めた諸手続きの迅速性が通常のローン以上に確保されていたり、金利設定で若干優遇を受けられるメリットがあります。

歯医者さんにかかる医療費

誰もが1度や2度はお世話になったことがある歯医者さん。中には常連さんで1年に何回かは治療に通っているという人もいるようです。歯医者さんはお金がかかるから少しくらい痛くても行かない、という人もいますが、次のようなデータがあります。亡くなるまでに自分の歯が20本以上残っている人が、生涯で窓口で支払った歯科治療費は約36万4600円です。一方残った自分の歯が0~4本の人は、54万1900円と、およそ20万円の差がありました。どうやら、毎年2000円ほど支払って歯科検診をして歯垢を取り除いて貰う方が、一生のうちに歯医者さんで支払う医療費ははるかに少なくて済むようです。1年に1回は歯の状態をチェックしてもらいましょう。

↑PAGE TOP